年収から考える適正な住宅ローンの基準とは?

住宅購入は人生で一番大きな買い物といっても過言ではありません。
ローンを組まずに買うことができるならそれに越したことはありませんが、多くの方は購入の際、住宅ローンを組みます。
その際に、そのローンが果たして適正かどうかを判断するための基準として、返済負担率というものがあります。
返済負担率とは、年収÷ローンの年間返済額で計算されます。
もちろん年収や年齢及び家族構成などに応じて、適正な返済負担率は変わってきますが、一般的には25%までが望ましいとされています。
しかし、上限が40%くらいに設定されている金融商品も少なくはありません。
例えば今人気のフラット35を例にとってみますと、年収400万円未満の方の上限は30%で、それ以上の方の上限は35%という基準が設定されています。
ただし、この返済額には、住宅ローンの他、クレジットカードのキャッシング、自動車ローンや教育ローンなどの借り入れも含まれますので、注意が必要です。
住宅ローンの年収の目安はどれくらい?