プロバイダーの選び方

同じ通信規格なのに、プロバイダーによってはインターネットの使用料金が特別安いという場合があります。
通信規格が同じだということは、品質自体に変わった部分はないので、一体なぜ値段が大きく違うのか疑問に思う人も居るかもしれません。
多くの場合、サービスとサポートの内容によって変化します。

サポートが必要最低限ならその分料金が安くなり、初心者でも安心のサポートが充実していれば、その分料金に金額が上乗せされます。
wimax+2などのモバイルデータ通信の場合、端末を自分で用意する必要がある代わりに、料金が安いということもあるかもしれません。
つまり安いプロバイダーというのは、多少のことなら自分で解決できる人向けということです。
初心者は多少割高でもサポートの充実したプロバイダーを選択すべきでしょう。