住宅ローンアドバイザーの相談内容とは?

住宅ローンアドバイザーの試験の内容は、教科として「コンプライアンス分野」「業務知識・商品知識」「相談業務」が問われるようです。
講座のカリキュラムは基礎編で、住宅ローンアドバイザーの必要性、住宅ローンの基礎知識、コンプライアンス、住宅ローン計算、説明責任の重要性、借り入れ額決定までのプロセスなどがあります。
応用編としては、住宅ローンの商品のリスクと注意点、繰上げ返済の仕組みと効果、目的別借り換えの効果と注意点、知っておきたい税金、手続きの流れ、タイプ別住宅ローンの選び方と返し方などがあるようですので、資格を取得したい人は勉強しておきましょう。
試験会場は全国各地の日建学院となっていますので、お近くの場所を探してみましょう。