住宅ローンの資金計画を相談する!

住宅ローン相談の中でも、返済における資金計画をどのように立てるかという相談は多くあります。
不動産会社や金融機関などに住宅ローンの試算を依頼すると、通常は元利均等返済で、1番返済期間を長くして、しかもボーナス返済を利用したパターンが出てきます。
それが、当面の毎月返済額を1番減らすことができる返済方法であり、購入希望者の意欲を高めることにもつながるからです。
人間心理としても、毎月の支払い額が小さいのであれば買おう、という気持ちになりやすいものです。
しかしこれは逆に言えば、総返済額が最も多くなる返済方法でもあるのです。
この点は忘れがちです。
これ以外の返済方法であれば、トータルの返済額を格段に減らすことができるのです。
年収などの関係で、提示された方法しか選択の余地がないのならやむを得ませんが、ある程度余裕があるようであれば、元利均等返済ではなく、元金均等返済を利用してボーナス返済はしない、という方法が得策です。
住宅ローン審査の相談でおすすめは?